携帯ゲーミングPCの大本命「Steam Deck」を実機評価! AMDカスタムプロセッサ+独自OSでPCゲームがここまで動く!



ValveのポータブルゲーミングPC「Steam Deck」の実機動作検証をお届け!
Steam DeckはAMDと共同開発したZen 2 CPUコア(4コア/8スレッド)とRDNA2 GPUコア(8CU)を統合したカスタムAPUを搭載。メモリは16GB。独自のSteam OS 3.0(Arch Linuxベース)により、SteamライブラリにあるほとんどのAAAタイトルを十分な性能で実行できるとうたう。
野心的な新ゲーミングPCの実力をいち早くお届けします。

0:00 オープニング
2:26 Steam Deckの外観をチェック!ニンテンドーSwitchと大きさ比較
3:40 Steam Deckってどんなゲーム機?特徴とスペックをチェック
14:08 中身(基板回り)はこうなっている!
19:38 どんなゲームが動くの?
40:15 気になる性能をチェック。FPSはどれくらい出る?
45:10 KTU的総評
47:09 実機動作デモ(前編)
1:02:40 実機動作デモ(後編)

■出演
“KTU”加藤勝明
“改造バカ”高橋敏也

■KOMODOでの予約販売サイト(日本対応)
https://steamdeck.komodo.jp/product/steam-deck/

【本チャンネル “PAD” について】
PC Watch、AKIBA PC Hotline!、DOS/V POWER REPORTが共同でお届けするPCハードウェアと関連情報の専門チャンネルです。完成品PC、自作PC、パーツ、周辺機器などを専門媒体ならではの視点で掘り下げます。コンテンツを続々追加予定。チャンネル登録をお願いします!
[PC Watch公式][AKIBA PC Hotline!公式][DOS/V POWER REPORT公式]

#ノートPC #ゲーミングノート #ミニノート

9 thoughts on “携帯ゲーミングPCの大本命「Steam Deck」を実機評価! AMDカスタムプロセッサ+独自OSでPCゲームがここまで動く!

  1. 下位モデルでも上位モデルでも速度はそんな変わらない(体感)っていう、海外の比較動画あるみたいだけど

  2. ん〜残念
    性能と拡張性が弱い上に何より痛いのが出遅れたこと
    結果、GPD WIN MAX2クラファンしちゃった
    欧米と同じ2月なら買ったんだけどなぁ
    実機が届く頃にはもう「次」が見えてる頃だろうか?(年末だよね?)
    「次」が見えるときに届くのは「旬」を逃しすぎです
    取り柄は「安いだけ」になってしまった
    その「安いだけ」も円安でだいぶ薄まり、1TBに換装したらもはや安くなく、1TBは少ないという…(512GBは論外)

    少なすぎるSSDを改善(2280にして!)した次に期待
    また日本だけ遅れるならば、また購入検討リストから外れるかな…

    2022年年末〜2023年頭頃には後継機が見えている?
    見えていなければGPDやとかAYA NEO、とかのRDNA3(Phoenix(RYZEN 7800uとかになる?))モデルが出て来るだろうからツミです(スタンバイ確定してるから出るでしょ)

    日本発売延期までは真剣に検討したのになぁ
    私の場合は兎にも角にも次に期待です
    「旬」に出してくれい

    にしてもいいなぁガジェットを誰より早く触れるのは素直に羨ましい

  3. 充電口が上の理由がよく分かりましたw。valveトップの方の体格想像してしまいました。出荷が楽しみですが遅い…

Leave a Reply

Your email address will not be published.